しわ

老化とシワの関係、シワ対策

シワの原因と分類

肌の老化現象の一つとしてシワがあります。 一般的にシワは乾燥が原因で一時的に目元や口元にできる「表皮性のシワ」と、真皮の弾力に関わるコラーゲンやエラスチンがダメージを受け減少することで発生する深いしわ「真皮性のシワ」にわけられます。 真皮の弾力低下には自然老化と紫外線による光老化があります。特に光老化は深いシワの原因となっています。 また、目尻や眉間、額や鼻根部などは表情をつくる部分であり、表情の癖によりシワになりやすいと言われています。

シワの効能効果

シワは昔から老化の肌悩みとして知られていましたが、化粧品の効能効果として表現できるようになったのは平成23年です。 「乾燥による小ジワを目立たなくする」と記載されている化粧品は抗シワ製品評価ガイドラインに沿った評価をクリアしたものですので、化粧品の選択の参考にしましょう。

シワを防ぐために

  • 乾燥を防ぐ:皮膚の薄い目元は乾燥しがちです。化粧水でしっかり保湿をして、クリームで蒸散を防ぎ、乾燥性のシワを予防しましょう。
  • 紫外線を防ぐ:光老化による乾燥やハリ弾力の低下を予防するために日焼け止めはしっかり行いましょう。
  • 表情の癖を意識:眉間や目じりなど表情の癖がシワになってしまうこともあります。無意識の表情の癖に注意しましょう。
  • お肌の内外からケア:コラーゲンやエラスチンなどハリ・弾力に着目したスキンケアや、コラーゲン産生に関わるアミノ酸、たんぱく質、ビタミンCの摂取など内外からケアしましょう。

シワは見た目年齢の判断に大きくかかわっています。 シワには浅いシワ深いシワがあります。 浅いしわは乾燥が原因ですが、 深いシワは加齢や紫外線によるハリ弾力の低下が原因です。 保湿ケアで乾燥を防ぎ、紫外線予防でハリ弾力の低下を防ぎましょう。 また、ハリ弾力の元となるコラーゲンの産生を高めるために、化粧品だけでなく、食品からもケアすることが大切です。 コラーゲンの産生に関わるアミノ酸やたんぱく質、ビタミンCをバランスよく摂取しましょう。