紫外線・しみ

紫外線の影響と肌を守る対策

紫外線の性質と皮膚への影響

太陽光には、可視光線のほかに、目に見えない赤外線や紫外線が含まれています。紫外線は地表に届く光の中で、最も短い波長のものです。紫外線は波長によって、UV-A、B、Cの3つに分けられます。UV-CとUV-Bの一部は空気中の 酸素分子とオゾン層で完全にさえぎられて地表には届きません。私たちの体に降り注いでいるのはUV-Bの一部とUV-Aです。

紫外線は夏に強く、冬は弱いことが知られています。また、1990年より紫外線の量は増加傾向が見られます。紫外線を浴びると急性としては日焼け、紫外線角膜炎、免疫機能低下が起こり、慢性的にはシワ、シミなどの原因になります。

紫外線を防ぐために

紫外線の影響を防ぐ対策が有効です

  • 紫外線の強い時間帯を避ける
  • 日陰を利用する
  • 日傘を使う、帽子をかぶる
  • 衣服で覆う
  • サングラスをかける
  • 日焼け止めを上手に使う
  • ※シーンに合った日焼け止めを使い説明書に書いている用法を守る

シミの原因と美白のお手入れ

シミの種類

シミと呼ばれるものにはいくつかの種類があります。シミの中にも美白成分が効くものと効かないものがあるため、シミのタイプを見極めて適切なケアを行うことが大切です。 また、今はシミとして肌表面に表れていなくても、過去の紫外線の蓄積により将来表面に現れる可能性のある「隠れジミ」があります。 隠れジミの存在を理解し、将来のケアに役立てていきましょう。

シミができるメカニズム

  1. 紫外線によりお肌が刺激を受ける
  2. 活性酸素が発生し、炎症が起こり★1、「メラニンをつくれ」という情報伝達物質が発生する★2
  3. メラノサイトが活性化し、メラニンを生成する酵素チロシナーゼが産生★3される
  4. メラニンが産生される★4
  5. ターンオーバーでメラニンが排出★5される

美白効果には★の部分を抑えて、メラニンを抑制したり、蓄積を防ぐことが重要です。

シミもシワと同じで見た目年齢の判断に大きくかかわっています。 紫外線を浴びるとお肌はメラニンを産生し、このメラニンがお肌を黒く見せてしまいます。 通常の日焼けはターンオーバーによって押し出され、元の肌色に戻りますが、 持続的な紫外線の影響でメラニンが過剰に作り続けられるようになったり、 加齢の影響でターンオーバーも乱れるため、メラニンが蓄積してシミになってしまいます。 まずは紫外線からお肌を守ってあげることが基本です! そして出来てしまったシミにはその種類によって適した美白のお手入れをしましょう。
また、ビタミンCはメラニンが黒くなるのを抑制する力があります。 白いマッシュルーム(メラニンを黒くするチロシナーゼ含有)と反応して黒くなるチロシン溶液を塗布した場合、 ビタミンCを同時に塗布すると黒くなるのが止められます。 美白化粧品はこのようなメラニンが黒くなるのを抑制する力を活用しています。