乾燥肌

乾燥の原因とうるおい対策

皮膚の乾燥とは…

皮膚のうるおいは皮脂やNMF(天然保湿因子)・細胞間脂質の3つの保湿因子で一定に保たれています。

  • NMF:アミノ酸が主成分で吸湿性と保湿性に富んでいます。
  •  
  • 細胞間脂質:細胞間脂質の主成分であるスフィンゴ脂質のセラミドは脂質二重膜をつくり、水分を抱え込みます。
  •  
  • 皮脂:皮脂膜を肌表面につくることで、水分の蒸散を防ぎ水分を保ちます。
これら3つの保湿因子がターンオーバーの乱れや加齢などの原因で減ってしまうと、角層の水分は減少し、皮膚が乾燥した状態となります。また、過度の洗顔や摩擦などにより、皮脂が奪われるとNMFが流出したり、水分も蒸発しやすくなり肌が乾燥します。

乾燥すると…

くすみ、ごわつき、キメの乱れ、小じわ、柔軟性低下、化粧のり悪化など悪いトラブルばかりおこる可能性があります。

どんなお手入れが必要?

(1)保湿成分を補ってあげることが大切です。

  • 水をつかむ性質があるアミノ酸
  • 湿度が下がっても水を抱えこむコラーゲン・ヒアルロン酸・ポリグルタミン酸
  • しっかり水を抱え込みキープするセラミド
  • 肌表面を蓋するスクワラン・ホホバ油

(2)必要な皮脂を取りすぎないように洗顔料を選択してください。

(3)肌をこすり過ぎたり、紫外線の刺激を受けたりしないよう外的要因に気を付けましょう。

(4)バランスのとれた食事をとりましょう。